頭を使うと疲れるのはなぜ?勉強疲れにはストレッチと呼吸で回復!

一番下に「世界一難しいなぞなぞ」があるよ♪

頭を使った時って、とても疲れませんか?

ただ座って頭を使うだけなのに、どうして体もバリバリに疲れてしまうのでしょうか?

しかし、頭が疲れた状態で体を動かすと、疲れって取れていくんですよね。

不思議です。

頭の疲れを取る解決のカギは、休憩と運動にあるようです。

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

頭が疲れるのはなぜ?

仕事や勉強、運動など、すべての疲れの原因は、脳が疲労しているからです。

つまり、勉強やデスクワークによる頭の疲れだけではなく、運動による体の疲れも脳の疲労が原因なのです。

そのため、頭に疲れを溜めないためには、こまめに休憩を取り、その時に体も適度に動かすことです。

頭を使ったら体も動かす、やはり人間はバランス大切なのですね。

頭の疲れを回復する方法・部屋の空気を入れ替える

一日中室内にいると、部屋の中には二酸化酸素が増え、新鮮な酸素が脳にいきにくくなりますので、頭が疲れてしまうのです。

そのため、部屋の空気を入れ替えて二酸化酸素を出し、新鮮な空気を部屋に入れて脳に新鮮な酸素を与える必要があります。

空気清浄機を使わなくても、窓をあけて自然な空気や風で部屋の空気を入れ替えるだけでも全然違います。

空気を入れ替えて新鮮な空気に触れると、とても良い気分転換になります。

可能なら、休憩時間やランチタイムには、外の空気を吸ってリフレッシュするのも良いですね。

スポンサーリンク

頭の疲れを回復する方法・深呼吸とストレッチ

疲れやすい人は、呼吸が浅いのだそうです。

私自身も呼吸が浅く、集中すると息を止める癖があり、なかなか腹式呼吸が習得できない一人です。

呼吸が浅いのは、胸式呼吸が習慣になっているからで、胸式呼吸では新鮮な空気を取り込みにくいのだと言うことを知り、なるほどなと理解しました。
(参照:http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/mental_health/mh_12011.html

深~く、長~く、ゆっくりと腹式呼吸をしながらストレッチするだけで、自律神経が整い血流も良くなるので、頭の疲れが取れリフレッシュできますよね。

是非習慣にしたいです。

そのときに、自分の好きなイメージをすることがおすすめです。

例えば、海が好きな人なら、海辺で日光浴をしている姿をイメージする、山が好きな人なら、山の中で森林浴を楽しんでいるイメージをするという感じです。

リフレッシュだけでなく、リラックス効果も得られます☆

まとめ

  • すべての疲れの原因は、脳の疲労です。

  • こまめに休憩をとることが大切です。

  • 頭の疲れを取り回復する方法は、外の空気に触れることと深呼吸・ストレッチです。

  • 浅い呼吸では、新鮮な空気を取り込みにくいです。

窓を開けて空気の入れ替えをすることや、休憩時間に深呼吸をしながら良いことをイメージしてストレッチをする…という簡単な方法で頭の疲れを改善できるなら、活用しない手はないですよね!

スポンサーリンク

フォローありがとうございます。みんな楽しい♪