日常生活レベルでの頭がいい人の2つの特徴とは?

一番下に「世界一難しいなぞなぞ」があるよ♪

誰もが頭が良くなりたいですよね。

でも、そもそも頭がいいってどういう人なのでしょうか?

いろんな意見があるかと思いますが、
決して勉強ができるだけでは無いと思います。

私の意見も交えて、お伝えしようと思います。

スポンサーリンク

私が思う、頭がいい人の定義

まず、頭がいい人の定義を述べてみたいと思います。
1つ目無駄なことをしない人
2つ目世あたり上手(他人に合わせることができる人)

前提として、多数派の一般的な人たちが(とても抽象的ですが)
日常の仕事を行う上で必要とされる知識や知恵を書いていきます。

高学歴な人や発明家のような人たちのことは
今回は、参考にしないものとします。
正直、私とは住む世界が違いすぎて、参考にならないので!

無駄なことをしない

  • 几帳面になりすぎない
    (細かいことを気にしすぎて、最低限必要なことを理解していない)
  • 上司がいつもチェックしているところを知っている
    (上司や先輩の好きなタイプや要点を知っている)
  • 重要なところだけ覚えている
    (無駄なところを暗記している人って多いですよね)
  • 後輩を叱っても意味がないことを知っている
    (後輩も大人です。成人教育を理解している人は少ないです。)
    などなど

自分の力を無駄なところで、使わない人を私は頭いい
というか、省エネで合理的だなと思っています。
日本人の特徴で素晴らしいところですが、
真面目で細かいところまで、仕事をしてしまう。
上下関係を重んじて、厳しく後輩を指導しようとするなど、

片方の面から見ると、とても良い出来る人です。
しかし、
逆の面から見ると、無駄なことを沢山している人
と受け取られても仕方ないですよね。

スポンサーリンク

世あたり上手(他人に合わせることができる人)

大人が性格変えることは、とても難しいです。

この真実を知っている人は、とても頭がいいと言えます。

そしてそれを知った上で、
人の性格にあった接し方ができる人は
本当に頭がいい人と言えるといっていいでしょう。

さっきもあげたように、
典型的なのが
後輩を執拗に注意したり、叱ることです。

あなたの職場にいる先輩、上司はもちろんのこと、
後輩も、みんな大人です。

「あーだ こーだ」 言っても、基本的にはプライドを傷つけてしまって
それで終わりなんです。

その人に合わせて、いかに褒めてあげて、
良い気持ちにしてあげることが出来るかが、
頭の良さだと私は考えます。

まとめ

勉強ができなくても、特別な才能がなくても
日常の仕事をこなす上で、これだけ分かっていればオッケーというものを理解している人は、
絶対に頭がいいと言えます。

誰でもすぐに出来ることでは、ありませんが、
ちょっとなら出来そうですよね。

そんなの簡単なことだとすぐ気付いた、
あなたはぜひ、チャレンジして見てください。

スポンサーリンク

フォローありがとうございます。みんな楽しい♪