仕事がデキる!?頭の回転が速い人の特徴とは?

一番下に「世界一難しいなぞなぞ」があるよ♪

頭の回転が速い人とは、一体どういう人なのでしょうか?

頭の回転が速い人とは、つまり機転の利く人・聡明な人のことです。

こういう人は、
TPOに合わせて臨機応変に素早く的確に対処できます。

また、物事の処理能力が高くかつ速いため、仕事では重用される人物です。

職業で言えば、秘書向きな方ですね。

相撲部屋や老舗旅館、格式ある料亭の女将のような方は、
まさに、頭の回転の速い女性の代表格だと思います。

スポンサーリンク

頭の回転が速い人の特徴

それでは、頭の回転の速い人の特徴をご紹介したいと思います。

聞き上手である

頭の回転の速い人は、実は自分ではあまり話しません。

自分が話すより、相手のことを観察して相手の話を聞きます。

相手を観察してきちんと話を聞いているので、合いの手も相槌も上手です。

自分がどこで何を言うことが効果的なのかを瞬時に察知できるので、
無駄なことは話さずにズバッと本質を突く一言が言えるのです。

相手の立場で考えられる

相手の立場でものを考えられるので、相手の話を聞いて観察していれば、
相手が何を言いたいのか、何が望みなのかは手に取るようにわかります。

そして、それをさりげなく満たしてもあげられます。

まさに、プロ彼女銀座のナンバーワンホステスは、この能力が優れています。

さりげなく主張する

このさりげなくということが重要なポイントになります。

“自分が自分が”と自分をアピールして自己主張が激しい人は、
いくら頭の回転が速くても小賢しいと思われ、プラスには働きません。

いくら能力があっても自慢せず・ひけらかさず、
その能力が本当に必要になった時にここぞという一撃で出します。

つまり、アピールどころをきちんと心得ている戦略家であるというわけです。

先見の明がある

つまり、先を見抜く力です。

観察眼が鋭く理解力にも長けているので、勘が鋭いのですね。

Goなのか、Stayなのか、Backなのか…。

今をとらえながら、どうすることが最善なのかをきちんと見抜けます。

肝が据わつている

つまり、責任をとる覚悟があるという事です。

物事に逃げずに毅然と立ち向かえるので、
仮に失敗したとしてもそこから必ず這い上がります。

転んでもただでは起きないという、必ず失敗から何かを学び取り、
以前にもまして成長する、レジリエンス力が半端なく強いです。

まとめ

頭の速い人の特徴としては、

  • ①聞き上手
  • ②相手の立場で考えられる
  • ③さりげなく主張する
  • ④先見の明がある
  • ⑤肝がすわっている

ということです。

TPOに合わせて臨機応変に素早く的確に対処してくれる方が側にいてくれれば、とても心強いですよね☆

重宝される理由が良く分かります。

スポンサーリンク

フォローありがとうございます。みんな楽しい♪