頭の回転が速すぎる人は天才!?デメリットやクリティカルシンキングは?

一番下に「世界一難しいなぞなぞ」があるよ♪

頭の回転が速い人は、とても優秀な人です。

しかし、中には頭の回転が速すぎる…という人も存在します。

頭の回転が速すぎる人には、デメリットを伴うこともあるようです。

頭の回転が速すぎる人というのは、一体どういう特徴があるのでしょうか?

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

頭の回転が速すぎる人の特徴

頭の回転が速すぎる人の特徴として、

  • 相手の話を最後まで聞かない

  • 相手の話をさえぎる

  • 早口

  • せっかち

  • 待てない

ということがあるようです。

つまり、頭の回転が速く解決に導く能力も高く優秀すぎるため、相手のスピードに合わせられないということなのですね。

しかし、世の中皆が頭の回転が速いわけはなく、実際には頭の回転が速い人の方が割合でいえば少ないと思います。

どうしても優秀すぎるが故に、話を遮ったり早口で説明したりする行為が、相手にしてみれば見下されていると感じてしまうようです。

その点が、デメリットということになります。

スポンサーリンク

頭の回転が速すぎる人の対処法

概して天才と言われた人たちは、頭の回転が速すぎると言われていました。

そのため、頭の回転が速すぎることは決して悪いことではないと思います。

むしろ天才であるが故に、相手のペースに合わせようなんて思っていないかもしれません。

しかし、頭の回転が速すぎて相手のペース合わせられないことで支障をきたしている方には、デメリットを控える必要はあるかもしれません。

例えば、

  • いくら相手の話がスローで意味不明でも、我慢して相手の話を最後まで聞く。

  • 相手の話を遮らずに、相手が話し終わってから話す。

  • 相手がついてこられるようにゆっくりと話す。

  • 話の展開を速くせず、相手が理解しているか確認しながら話す。

  • 見下した態度を取らない。

  • 答えがすぐに分かっても、皆が議論している間は口にしない。

  • 語尾を柔和にする。

  • 頭ごなしに否定せず、フォローを入れる。

などです。

クリティカルシンキングとは

前述した「語尾を柔和にする」と「頭ごなしに否定せずフォローを入れる」ということに関連しますがクリティカルシンキングというものがあります。

クリティカルシンキングとは批判的思考ですが、物事について疑問を持つことで解決に導く手法です。

頭の回転が速い人はロジカルシンキングと合わせてクリティカルシンキングも持ち合わせていることが多いです。

頭の回転が速すぎる人は、相手の話を最後まで聞かずに相手の話を遮り、容赦なくその答えを相手にズバッと指摘してしまうことがあります。

それも結構詰問口調で。

そのため、その部分を改善すると鬼に金棒で、逆に自分の武器にできるのではないかと思います。

まとめ

詰問調の強い言い方ではなく

  • 「ですよね~」で語尾を柔和にしてソフトな印象にする

  • 「ご指摘通り」「おっしゃる通り」をあえて活用し、相手の意見を容認する

  • 「〇〇さんはどうお考えになりますか?」と相手に意見を聞くことで相手を尊重する

などを活用してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローありがとうございます。みんな楽しい♪